5月病と睡眠

5月になると、学校や会社にどうしても行きたくなくなってしまうという状態の人が出てきます俗にいう「五月病」です。睡眠と5月病の関係について今回はお話しします。新生活でのストレスに加えてゴールデンウィークで、普段の生活から解放されてリラックスしきってしまい、毎日10時まで寝ていたとしますしかし、仕事や学校が始まれば朝6時に起床しないと間に合わず、そのためには、睡眠相(睡眠している時間帯)を4時間前倒ししなければなりませんそうなると時差ボケに近い状態となり、朝起きるのが辛くなり、仕事や学校に行きたくないという憂鬱な気持ちになってしまいますそうならないために気を付けることがいくつかあります
☆睡眠相をずらさない☆
起床時間の差を2時間以内に抑えましょう。時差ぼけの状態を
作らないようにしましょう
☆十分な睡眠☆
1日7時間程はとるのが望ましいです。
できなければ、1週間で50時間
とれるようにしましょう
☆お酒を飲み過ぎない☆
お酒を飲み過ぎると睡眠の質を悪化させ
る原因となります。抑うつ傾向がある場合
も飲酒量を減らすようにしましょう
睡眠は、生体の持つ最も強力な均衡回復力であり、ここには強力な抗うつ効果、抗不安効果が埋もれています4時間睡眠の寝不足の人を7時間睡眠で休ませると劇的な効果が得られるとも言われています。睡眠をとるという対策は簡単で、侵襲性もなければ副作用もなく、無理なく行う事ができ、結果的に5月病の症状を軽減してくれる可能性があります
5月病の症状が重い方は・・・セロトニン
セロトニンとは幸福のホルモンと言われており、元々人の体に存在している物質です心の安らぎや安定などに関与します。三大神経物質とも言われており、セロトニンが不足するとうつ病などの精神疾患などにも影響が出ると言われています。脳内のセロトニンを増やす方法はこの様なものがあります。
〇早寝早起き 〇太陽光 〇リズム運動 〇よく噛む 〇トリプトファンの摂取 〇腸内環境を整える
規則正しい生活で早寝早起きはもちろん起きたときに太陽光にあたる規則正しい生活を送り、トリプトファンを含む食品(乳製品・豆類・穀類・肉等)を取って腸内環境を整えてよく噛んで食べると良いとされています
睡眠とセロトニンで5月病を乗り切りましょう
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ

Author:豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ
日々の小ネタをまったりと更新。

地図
地図羅
リンク