スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の眠気の原因と眠気を覚ます方法

ようやく春らしくなり、過ごしやすい日が増えてきました
ぽかぽかとした暖かいお日様、心地よい風と寒さが抜けた春の気候は
ついつい眠たくなってしまいます
なぜ春は眠くなってしまうのか?
今回は、春の眠気の原因と眠気を覚ます方法についてお話します

春の眠気の原因はいくつかあります。原因別に見てみましょう
●自律神経
春は天候も変わりやすく、
気温差が激しくなり自律神経が乱れ
やすくなります。
自律神経とは体の働きを調節する役目を持っており敏感な神経です。
自律神経が乱れると体の働きがうまくいかず、昼間に睡魔が現れるのです。

●暖かくなると脳の血流が減ってしまうから
暖かくなると皮膚表面の血流が増えます。すると血圧が低下し、脳の血流が減ります。脳の血流が低下すると脳が酸素不足になり眠くなります。

●活動量が増えるから
太陽の出ている時間が増え、活動量も増えることで疲労が増し、睡眠不足に繋がることで昼間に睡魔が現れます。


眠気を覚ましたいときは・・・・
眠気覚ましにはいろいろな方法がありますが眠気に効くツボを紹介したいと思います

●攅竹(さんちく)
眉間に寄った先端を5秒
親指で押して下さい。

●清明(せいめい)
目頭と鼻の付け根の間をつまむように
押して下さい。

●大都(だいと)
親指の付け根の側面を指で挟むようにし、
強めに押して下さい。

●合谷(ごうこく)
親指と人差し指のまたの間で、手を広げた時に2本の骨が接する部分の少し指先側を押して下さい。

ツボを押しながら春の眠気を乗り越えましょう

Y.N

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ

Author:豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ
日々の小ネタをまったりと更新。

地図
地図羅
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。