スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠と熱中症

熱中症と聞くと炎天下で起こるものと感じる人もいると思いますが、熱中症で死亡した人のうち、9割が室内で亡くなっており、その4割が睡眠中であったというデータもあります。そこで今回は意外と怖い睡眠中の熱中症についてお話したいと思います。

睡眠中の熱中症の原因は寝汗による脱水であり、睡眠中に300~500mlの汗をかくと言われています。さらに睡眠中に水分を摂取しない人は8時間前後体に水分補給がされない状態になります。これが脱水症状を引き起こす原因です。また湿度が70%以上の時や、パジャマの吸水性が悪く寝具の通気性が悪いと熱がこもりさらに危険度は増します。もし朝、目覚めた時に微熱、頭痛、倦怠感、めまい、吐き気、食欲不振などがあれば、睡眠時熱中症を疑う必要があるため、睡眠環境を見直す必要があります。

寝る前に水をコップ1杯分飲むか夜中に目が覚めたときや起床時にも水分補給しやすいように、ベッドサイドに水を置いておくのもいいです。水分補給としてお酒を飲むとアルコールの利尿作用により体から水分が奪われてしまうので就寝時間直前の寝酒はひかえるようにしましょう。
暑い夏場は、「我慢せずに冷房を入れる」ことがとても重要です。ただエアコンをつけっぱなしで寝ることで、身体全体が冷えてしまい逆に体調を崩す場合もあるのでエアコンのタイマー設定を活用することをおすすめします。ベッドに入る前からエアコンで部屋を快適な温度にしてからタイマーをつけてベッドに入るのが理想的です。
吸水性が低いパジャマや窮屈なパジャマは放熱の妨げとなり体内に熱がこもる原因となってしまいます。吸汗・速乾に優れた素材や、ゆったりして通気性がよいパジャマ・寝具を使用して寝るようにしましょう。

H・F

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ

Author:豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ
日々の小ネタをまったりと更新。

地図
地図羅
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。