睡眠負債

最近TVなどでも取り上げられている 「睡眠負債」という言葉を皆さんはご存知でしょうか?
「睡眠負債」とは、大まかに説明すると「蓄積した睡眠不足で、睡眠の借金をしている」状態です。

睡眠時間が不足すると脳の働きが悪くなり、その結果、仕事や家事のパフォーマンスが低下してしまいます。

私たちは、通常、「徹夜」すると、注意力が低下し、疲労がたまっていることを自覚できます。
ところが、「睡眠負債」の場合、慢性的に睡眠不足の状態になっているので、ほとんど自覚はないけれど、集中力・注意力が低下した状態になっています。

そのために仕事でミスをしたり、大丈夫と思って車を運転し、事故につながるなどの日常生活にも支障をきたしていきます。
また、がんや認知症のリスクが高まる可能性が高いという説もあるようです。

解決方法として「休日に寝だめする」と考える方もいます。
それでは生活のリズムが狂い、休み明けが辛くなるだけでなく、無理なしわ寄せで、さらに負債が増えてしまう可能性があります。

不足分は昼寝で解消しようとしても、たまった負債を解消しきれない可能性が高いです。
午後3時までの15分~20分程の昼寝は効果があると言われていますが、それだけでは足りません。
解決法はいたってシンプルで、毎日地道に「今までより、たくさんねむる。」です。
負債とネーミングされるだけあって、一挙に解決しようとすると無理がでるようです。
コツコツ返済していきましょう
必要な睡眠時間は人によって異なりますが、
大人で約7~9時間、中高生では約8~10時間必要といわれております。
みなさんはどうでしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ

Author:豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ
日々の小ネタをまったりと更新。

地図
地図羅
リンク