スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「睡眠」が人の健康に与える4つの効果

日増しに寒さが厳しくなる今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?
もうすぐ本格的な冬がやってきます。
体調をくずしやすいので体調管理をしっかりとしましょう
質の良い睡眠は心・身体に非常に良い影響を与えます
質の悪い睡眠は、様々な病気の原因にもなります

そんな「睡眠」が人の健康に与える4つの効果を今回は紹介していきます

①記憶力を高める
規則正しいリズムの睡眠や十分な睡眠時間を確保することができれば、記憶力向上につながります。
良質な睡眠を確保することで、脳への記憶の定着がより効率的に行われます。
また、人は深い睡眠状態である「ノンレム睡眠」時に記憶の整理を行っているため、
睡眠の質が悪くなったり、十分な睡眠時間が確保できなくなったりすると、
記憶の整理が出来なくなってしまうのです。

②長生きにつながる
これはあまり知られていないことなのですが、長すぎるor短すぎる睡眠は寿命を縮めてしまいます。
50〜79歳の女性を対象にした2010年の調査によると、
睡眠時間が6時間半以上の女性は睡眠時間が5時間以下の方より長生きすることが分かりました。
意外なことなのですが、実は長すぎる睡眠も寿命を縮めます。
アメリカで行われた100万人を対象とした別の調査によると、
7時間半〜8時間半の睡眠時間の方は6時間半〜7時間半の方よりも20%も死亡率がアップしたと言われています。
統計上のデータによると一番死亡率が低いのは、1日の睡眠時間が平均6時間半〜7時間半の人です。
長生きするためには、日々の生活から少しずつ睡眠環境を変えていきましょう!

③心疾患のリスクを抑える
質の良い十分な睡眠は心疾患のリスクを軽減することが出来ます。
逆に睡眠時間が長すぎる場合は、レム睡眠の割合が増えるため、心疾患のリスクは高まります。
レム睡眠時は、交感神経が不安定に働きやすく、血圧や脈拍も不安定になり、結果、血管や心臓に負担がかかります。
このような生活を長年続けることで、心疾患のリスクがかなり高まるというわけです。
ちなみに、心疾患の一つである狭心症の発作は、レム睡眠中に起こることがほとんどだという報告があります。
心臓に不安を持つ方は、食事だけでなく、睡眠の質に関しても注意してください。

④ストレス軽減
睡眠はストレスを確実に軽減させます。
また、血圧やコレストロール値にも影響を与えるため、病気を未然に防ぐこともできます。
逆に睡眠不足は、ストレスを増加させ、うつ病などの精神疾患のリスクを高めてしまいます。
ストレスを感じるのは脳が疲れている状態であり、脳の疲れを取るには、
体の疲れを取る数倍の睡眠が必要になるのです。
最近、ストレスを感じやすいなぁという方は、寝不足が原因の可能性が高いので、
ぜひ一度、しっかりとした睡眠を取ってください。

しっかり睡眠をとり、健康に気を付けていきましょう


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ

Author:豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ
日々の小ネタをまったりと更新。

地図
地図羅
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。