昼寝と睡眠

最適な昼寝をする時間と何分眠ればいいのか?
日中に強い眠気が訪れる時間帯は14時~16時と言われております。
お昼ごはんを食べた後に10分~20分程度寝ると効果的です。
※15時以降や30分以上昼寝をすると、夜の睡眠を妨げてしまうことや、深く寝すぎてしまい目が覚めてもぼんやりしてしまう可能性があるのでオススメできません。
☆昼寝の効率をアップさせることが出来るポイント
①リラックスできる環境をつくる
昼寝ではぐっすり眠る必要はありません。
目から送られてくる視覚情報がなくなるだけでも、脳にとっては充分な休息になります。
②昼寝で、横になって眠るのはNG
少し浅い眠りの状態を活用するのが昼寝のポイント!身体が横になると本格的な睡眠モードに入ってしまうので、椅子に座る。デスクにうつ伏せになるなどの横にならない体勢を取るのがオススメ!
③起きたら脳を刺激する
外や窓際で太陽の光を浴びる、大きく伸びをする、ガムを噛む、水を飲む、軽くストレッチするなどして脳を目覚めさせましょう!
④寝る前にカフェインを摂取する
起きた後でなく眠る前に飲むことがポイント!カフェインによる覚醒効果は飲んでから20分程度経過してから現れます。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ

Author:豊橋メイツ睡眠クリニック スタッフ
日々の小ネタをまったりと更新。

地図
地図羅
リンク